LEDライトでドレスアップ

LEDヘッドライトと自動車

ヘッドライトは、自動車の前方部分を照らしドライバーの
視認性と外部からの被視認性を高める為の照明装置の事を言います。

 

光色は従来までは、白または淡黄色とされていましたが、
今から10年前の平成18年1月以降に登録された自動車については
白と決められています。

 

ヘッドライトの電球の種類には、ハロゲン、HID、LED、レーザー等が
挙げられますが、今回はLEDについて取り上げます。

 

世界で早くこのLEDヘッドライトを実用化したのは日本の小糸製作所でした。
LEDとは発光ダイオードの事を指し、寿命が非常に長い、すぐに点灯する、
消費電力が少ない、ドレスアップ効果等の利点が挙げられます。

 

実際自動車は、耐久消費財と呼ばれオーナーの手に渡ってから法令で
決められている点検、車検を受け使われる性格を持つ商品です。

 

自動車は数万点の部品から構成されているので、1つの部品でも寿命が
長ければ、それだけ出費を抑えられます。それだけではなく外観の
ドレスアップにもなる側面を持っているので、かなり自動車を作るメーカー、
所有するオーナーにとってもLEDヘッドライトは双方にとっても魅力的と言えます。